So-net無料ブログ作成
検索選択

<池田小事件>鎮魂歌に父の祈り 発生9年(毎日新聞)

 大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の乱入殺傷事件で、大けがをした男児の父親の作った歌が、阪神大震災の鎮魂コンサートを続けるピアニストによって演奏されている。曲名は「Wish Upon A Star(星に願いを)」。これまでに全国10カ所の公演で披露された。「この子の明日をまもりたい この子の命をまもりたい」。歌に託された、「命」への祈りがリレーされ、広がっている。事件は8日で9年となる。

 会社員の片木資裕(もとひろ)さん(47)=千葉市=の長男(16)は事件当時、2年生で、約3週間の大けがをし、心にも傷を負った。「長男を全力で支え、亡くなった児童8人にささげよう」。アマチュアのシンガー・ソングライターとしても活動していた片木さんは、事件の12年前に作詞作曲した「Wish」を事件の追悼集会などで弾き語りするようになった。「事件を風化させてはいけない」と04年にはCDをリリースした。

 そのCDを聴いたのが、ピアニストの金子浩三さん(51)=兵庫県尼崎市=だった。金子さんは95年の震災で建て替えたばかりの自宅の一部が壊れた。96年から全国で震災で亡くなった人の鎮魂コンサートを始めたが、会場確保などが難しく、04年ごろには休止状態だった。「自然に歌詞が染み込んできた。無念の死を遂げた人々への鎮魂の思いがよみがえり、活動の原点を見つめ直すことができた」

 04年末に尼崎市のクリスマスコンサートで、ピアノ曲に編曲した「Wish」の演奏を始めた。鎮魂コンサートでは、東京渋谷区や、名古屋市など6都府県で披露。CDを買い求める観客もいた。昨年3月の尼崎市でのコンサートでは、片木さんを招き、一緒に演奏した。

 片木さんは、金子さんがこの曲を演奏していることに「曲がいろいろな人の手に渡ると、その人の思いが重なる。とても幸せなこと」と喜ぶ。【山口朋辰】

【関連ニュース
島根原発:差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
地震退避行動:「火の始末」も見直し 文科省作業部会
雑記帳:1日限定のブルーウェーブ復活
放送文化基金賞:受賞作が決定

<火災>君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹(毎日新聞)
デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
鳩山前首相、在職は266日(時事通信)
<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。