So-net無料ブログ作成

北の大地が育んだ風味をデザートで…「北海道セレクション」登場(産経新聞)

 メリーチョコレートカムパニーは、北海道の素材にこだわったデザートを詰め合わせた商品「北海道セレクション」を6月1日から全国の百貨店で発売する。

 デザートは、名産のフルーツを使った「ふらのメロンゼリー」、ハスカップの実を使った「ハスカップゼリー」、なめらかな「クリームチーズムース」、コクのある「カスタードプディング」の4種類で、北の大地が育んだ風味豊かなおいしさを堪能できる。

 「北海道セレクション」は6月1日から全国の百貨店・約100店舗で発売され、価格は1575円、2100円、3150円の3種類(すべて税込)。

【関連記事】
コンビニで“ロールケーキ戦争”激化 「低価格で美味」が売り
今こそ定番「モンブラン」 名門サロンで“新生”
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気
今年の目玉は「スイーツ」 イオンが中元商品発表会
大洗“スイーツ”を守れ! みつだんご店の女性店主が奮闘

口蹄疫 「わが子を殺され…」伝説の種牛育てた農家も悲鳴 (産経新聞)
<SL>「集煙装置」付きD51型 甲府−小淵沢駅間に登場(毎日新聞)
ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」(時事通信)
出題ミスは40問中7問=キャリア技官の採用試験―防衛省(時事通信)
訪問介護員、「生活援助」ができない?(医療介護CBニュース)

首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)

 読売新聞社の全国世論調査によると、首相に最もふさわしいと思う国会議員は、舛添・新党改革代表19%がトップで、2位は前原国土交通相14%、3位は渡辺・みんなの党代表10%だった。

 鳩山首相は6位で3%にとどまった。

 舛添氏は前回4月調査に続く1位だった。ただ、数値は前回の29%から大きく後退した。「自民離党―新党結成」はプラスにならなかったようだ。高速道路料金の見直し問題を巡って小沢民主党幹事長と対立した前原氏が前回の3位(8%)から、渡辺氏も5位(6%)から上昇したのが目立つ。

 民主支持層に限ってみると、前原氏20%が最も多く、菅財務相15%、岡田外相14%らが続き、鳩山首相は8%だった。自民支持層では舛添氏25%、谷垣自民党総裁13%、渡辺氏12%などの順に多かった。支持政党のない無党派層では舛添氏19%が最多で、前原氏12%、渡辺氏10%らが続いている。

<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)
電気自動車など 電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)

自民青年・女性局集会、馳浩議員が離党者批判(読売新聞)

 自民党青年局、女性局が全国各地の声を聞いて回る「JIMIN(じみん) NEXT(ネクスト)」が25日、金沢市内のホテルで開かれ、県連会長の馳浩衆院議員は、参院選をにらみ離党、新党結成が相次いでいることに対し「『自分の意見が聞き入れられなかったから離党だ』というのは残念」と批判した。

 会合には、党女性局長の丸川珠代参院議員らが参加。馳氏は、議員は自由に出席できる総務会が毎週火曜と金曜に開かれている事を挙げ、「離党した人々は1度も総務会に出て発言しなかった。マスコミの前で言う前に、いつでもしゃべることが出来た」と述べた。

 また、党が大型連休明けに発表する予定の参院選マニフェストに、教育政策として〈1〉土曜日授業の復活〈2〉学童保育を小学校の敷地内で行えるようにする〈3〉学校給食の無償化――の3点を盛り込む方向で協議していることを明らかにした。

30周年目の朝市オープン=仙台市〔地域〕(時事通信)
アクチュエイトジャパン、BIRTレポート閲覧用iPhoneアプリを公開
<普天間移設>鳩山首相が徳田虎雄氏に徳之島案への協力要請(毎日新聞)
「もんじゅ」再開、福井知事と敦賀市長が了承(読売新聞)
鳩山首相 官邸に浅田真央ら五輪選手招待 健闘たたえる(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。